先輩職員インタビュー 子ども家庭支援センター(心理)

更新日:2017年12月19日

先輩にいろいろ聞いてみました。

正面写真

Q.今の仕事内容を教えてください。

虐待や子育てに関する相談、ケースワークを行っています。電話連絡や訪問、他機関との連携を通して、ご家庭に支援を届けるのが主な仕事です。また、保護者や子どもの心理相談も行っています。

仕事風景

Q.仕事のやりがいや魅力を教えてください。

様々な機関の支援がうまく機能し、関わったご家庭やお子さんに笑顔が増えることが一番の喜びです。支援の一部として機能できればと思い、日々の仕事に取り組んでいます。未来を担う子どもの成長に直接的、間接的に携われることに責任を感じつつも、やりがいがあると感じています。

デスクワークの様子

Q.職場はどのような雰囲気ですか。

やさしい先輩、上司に囲まれて、仕事がしやすい職場だと思っています。わからないことにも懇切丁寧に教えてもらえるので、本当に助かっています。困ったときに助けあえる雰囲気がある素敵な職場です。

Q.仕事をする中でどのようなことに気をつけていますか。

心理職として、自分に何ができるかを日ごろの生活から常に考えるようにしています。同僚とのやり取りも、会議の時も、心理職の視点を伝えられることが理想です。勉強不足な面も多々あるので、本を読んだり、研修を受けたりと今後も研鑽に励みたいと考えています。

Q.特別区(荒川区)を志望した理由を教えてください。

「区政は区民を幸せにするシステムである」というドメインに大きな魅力を感じたことが一番です。地域に一番近い立場から支援を届けられるような仕事をしたいと思い、また、人付き合いを大事にする区民性にも惹かれ、荒川区を希望しました。

Q.入庁の前と後とで印象の違いはありますか。

区役所の仕事が多岐にわたることを知り、日常の中で見えてくる光景が変わったことが一番大きいなと思っています。「この施設はこんなことをしてるんだなぁ」とか「この道も区役所の人たちが関わっているんだろうな」など、道を歩いているだけで多くの発見があります。

Q.荒川区に入ってよかったことを教えてください。

今の職場でもそうですが、職員の皆さんが優しく、あたたかな人が多いことに助けられています。また、荒川区職員ビジネスカレッジという組織内大学があり、様々な分野の先生方からお話を伺い、自分の知見を広げる機会となっていることもありがたく感じています。

Q.業務終了後や休日の過ごし方について教えてください。

休日は買い物に行ったり、家でのんびりと過ごしたり、リラックスする時間を大事にしています。大学時代からの友人と遊びに行くこともあります。

受験生へのメッセージをお願いします。

立ち姿の写真

受験の時期は緊張が続き、安らげるタイミングがなかなか見つからない時期であるかと思います。そういう時期であるからこそ、気晴らしをする時間も大事にしてほしいです。一緒に働ける日を楽しみに待っています!

ある1日のスケジュール
時間 項目 内容・コメント
午前8時20分 登庁 メールの確認やその日に行う業務の整理をします。
午前8時30分 就業開始 朝礼で職場内で共有する事項を確認します。
午前 事務処理 記録や資料を作成します。
面接 お子さんや保護者の方の話を伺い、その方に合った対処方法や利用できるサービスを紹介します。
正午 昼休憩 町屋駅前に行き、いろいろなお店に入ってます。新しいお店を見つけるのも楽しみの一つです。
午後 訪問 家庭や学校、関係機関に訪問し、話を聞いたり、様子を見に行きます。
電話対応 訪問の約束をしたり、様子を伺うための電話をご家庭や関係機関にかけます。
午後5時15分 退庁 仕事のきりがいいところで退庁します。
退庁後 家に帰って、心も体も休められるようのんびりと過ごしています。

荒川区荒川2-2-3
(代)03-3802-3111
職員課人事係 (内線2231,2232)
職員課人材開発係 (内線2234)