AVA(荒川区職員ボランティア協会)について

更新日:2016年7月7日

アヴァタイトル

AVAとは

荒川区職員ボランティア協会(通称AVA)のことをいいます。
AVAは、平成21年4月、「世界の『子ども達の幸せ』のために」を活動方針として設立しました。

図書館で本を読む子どもたち1

図書館で本を読む子どもたち2

寄付金の集め方

会員は、給料の一部を、毎月AVAに寄附しています。これは、会員が決めた一定額を上限とし、自動的にAVAに対して拠出する形になっています。
この拠出金を原資とし、AVAが社会貢献活動に資金援助をしています。

AVAの実績

  • 東日本大震災支援:福島市にガイガーカウンター寄贈
  • 公益社団法人シャンティ国際ボランティア協会と活動協定を締結
  • ミャンマー難民キャンプでの図書館活動支援を決定し、建設(改築)資金を寄附
  • AVA役員と会員の有志が現地に赴き、「荒川区図書館」開所式を実施
  • 毎年、図書館運営費(図書費、人件費他)を寄附
  • AVA会員が、日本の絵本に現地語に訳したシールを貼り、現地語版絵本を作成して寄贈

難民キャンプ内図書館掲示

翻訳絵本作成

シャンティ贈呈式

  • 富士ゼロックス(端数倶楽部)への視察
  • フェリシモを通じたぬいぐるみ作成寄贈

株式会社ゼロックス本社

作成したぬいぐるみ

日暮里での展示風景

AVA会員の志

荒川区職員の、多くの人々の幸せを願う“志”が集まり、新たなかたちで社会貢献を行っています。
継続的に支援を行っている難民キャンプの子ども達の感謝の声に触れ、微力ながら「世界の子どもたちの幸せ」の一助になっている実感がわき、それが日々のパワーの源にもなっています。
AVAは、これからも活動の幅を広げ、様々な取組を実施していきます。

AVA事務局(職員課内)

  • 電話:03-3802-3111(内2234)