平成21年度荒川区行政評価結果を公表します

更新日:2010年3月30日

平成21年度行政評価を、平成20年度の政策・施策・事務事業を対象に実施し、その結果がまとまりましたので公表します。

行政評価とは

 行政活動の成果を、統一的な基準に基づき、分析・評価すること。
 また、その結果を行政運営に反映させること。

荒川区行政評価システムの全体像

 荒川区で実施している政策・施策・事務事業を、「行政評価事業体系」に基づき分析・評価し、事務事業の改善や予算編成等に活用します。

行政評価システムの全体像

荒川区行政評価システムの目的及び効果

区民への説明責任の徹底
 荒川区が行っている事業等の内容や成果をより分かりやすく説明します。

職員の意識改革
 事業に係るコストを把握することにより、職員のコスト意識を醸成します。

行政評価結果と計画・予算等との連携向上
 事業執行の過程において、PDCA(計画、実施、評価、改善・見直し)サイクルを確立することにより、計画・予算等との連携を図り、成果を重視した効果的・効率的な区政運営を行います。

事務事業の改善
 分析・評価結果を踏まえ、事業の在り方や進め方の改善・見直しを図ります。

平成21年度行政評価について

実施概要

 平成20年度の政策、施策、事務事業を対象として、荒川区基本構想に基づく基本計画に掲げた事業体系をもとに、以下の分析シートを作成し分析した上で、施策・事務事業を分類しました。
 行政評価結果については、決算特別委員会前に公表し、区議会における審議等を、事務事業の改善や新年度予算の編成に反映させることとしました。

結果概要

 平成20年度まで実施していた「重点的に推進」「推進」「継続」「見直し」の分類のうち、「継続」「見直し」の中に含まれている『事業の再編や事務移管等による実施方法の改善や見直しを図った上で、引き続き実施していくもの』を「改善・見直し」と新たに分類することにより、「継続」の中でも改善を行うものや、「見直し」の中でも事業の統合や再編もしくは改善の上、継続していくものが見えるように変更いたしました。
 各分類の考え方は以下のとおりです。

各分類の考え方の表

施策の分類

施策の分類の表

施策の分類

「重点的に分類」・・・37施策(42.5%)
「推進」・・・38施策(43.7%)
「継続」・・・12施策(13.8%)
合計87施策

事務事業の分類

事務事業の分類の表

「重点的に分類」・・・199事業(17.6%)
「推進」・・・369事業(32.7%)
「継続」・・・496事業(43.9%)
「改善・見直し」・・・9事業(0.8%)
「休止・完了」・・・56事業(5.0%)
合計1,129事業

※政策・施策・事務事業分析シートは、荒川区ホームページ(パソコン版)でご覧下さい。

総務企画課企画係

  • 〒116-8501
    荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)
  • 電話:03-3802-3111(内線:2111)