荒川区景観計画

更新日:2014年2月4日

 区では、これまで「市街地整備指導要綱(平成9年制定)」及び「荒川区景観ガイドライン(平成11年策定)」に基づき、景観に配慮した建築物等の誘導を行ってきました。
 また、平成21年度には、景観法に基づく景観行政団体になることを視野に入れ、パブリックコメントなどにより区民の皆様に意見を伺いながら「荒川区景観計画(案)」を作成しました。
 こうした取り組みが実り、区は平成23年2月14日に東京都から景観行政団体になるための同意を得て、5月1日に景観行政団体となりました。
 そして、平成23年9月11日から10月3日に景観法に基づく区独自の「荒川区景観計画」の地域別説明会やパブリックコメントを実施し、区民の皆様からいただいたご意見を踏まえて策定しました。
 荒川区は景観行政団体として、区民の皆様と共に。「新しい息吹のなかにも下町らしい雰囲気の伝わる風景」を作ることを目指して、荒川区らしい良好な景観形成をより積極的に推進していきます。

荒川区景観計画の内容

荒川区景観計画概要版

荒川区景観計画

景観計画の策定趣旨
1 計画の目的と位置付け
2 景観計画の体系
3 基本理念
4 計画の目標

荒川区の景観特性
1 荒川区の市街地の成り立ち
2 荒川区の景観の状況
3 地域別の景観特性

景観法の活用による取組
1 計画の対象区域
2 景観基本軸と一般地域
3 景観基本軸の方針と基準
4 一般地域の方針と基準
5 色彩基準
6 屋外広告物の景観基準
7 景観重要建造物及び景観重要樹木の指定の方針
8 公共施設の方針

景観まちづくりの展開
1 建築行為等の事前協議及び届出
2 景観資源の保全と活用の方針
3 推進体制
4 区民・事業者との連携

景観計画の推進に向けて
1 関連施策・制度との連携
2 東京都・隣接区との連携
3 計画の見直し

荒川区景観形成ガイドライン

荒川区景観計画(案)と景観条例(案)に対するパブリックコメントの実施結果について

景観法第9条第1項に基づき、荒川区景観計画(案)に対するパブリックコメントを実施しました、結果を公表いたします。

募集期間

平成23年9月11日から10月3日まで

意見提出件数

意見人数 15名
意見件数 27項目(内容が重複したものは、同一の意見としてみなす)

防災都市づくり部 都市計画課

  • 荒川区荒川2-2-3 北庁舎3階
  • 電話:03-3802-3111 内線2816
  • ファックス:03-3802-0046