夕焼け小焼けの記念碑(第二日暮里小学校)

更新日:2010年3月16日

所在地: 荒川区東日暮里五丁目2番1号

 「夕焼け小焼けで日が暮れて 山のお寺の鐘が鳴る お手々つないでみな帰ろう 烏と一緒に帰りましょう」

 誰もが口ずさんだことのある童謡「夕焼け小焼け」。この詩は、童謡詩人・中村雨紅(1897年から1972年)が大正5年(1916)に第二日暮里小学校(現在)へ教師として赴任、そして第三日暮里小学校(現在)へ転勤した後の大正8年(1919)に作詞した作品です。
 荒川区立第二日暮里小学校には、この童謡にちなんだ記念碑があります。

 夕焼けで赤く染まる町を子どもたちと手をつないで帰る雨紅の姿が目に浮かびます。
 また、荒川区立第三日暮里小学校(荒川区東日暮里三丁目10番17号)には記念塔があります。


記念碑


解説板

観光振興課観光振興係

  • 〒116-8501
    荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)
  • 電話:03-3802-3111(内線:461)