伝統工芸職人・荒川マイスター

更新日:2019年10月7日

 荒川区には、江戸以来の伝統技術を持つ職人さんが多く住んでいます。
 こうした伝統工芸技術を受け継いでいる職人さんを荒川区では、無形文化財(工芸技術)保持者として、指定・登録をしています。

 また、荒川区内において、永く同一職業に従事し、高い技術と卓越した技能を持って後進の指導、育成に力を注いでいる人たちを「荒川マイスター」として表彰しています。

 昨今の機械による大量生産の物ではない、職人やマイスターの長年の修行から生み出される、手作りならではの風格や気品、精密さそして、ぬくもりの伝わる工芸品や製品がこの「職人の街」「ものづくりの街」にはあります。区ではこれらの優れた製品を「荒川ブランド」として紹介しています。

 荒川区では、毎年、職人の実演・販売も行う「伝統技術展」を12月に行っています。

伝統技術展の様子
伝統技術展

観光振興課

  • 〒116-8501
    荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)
  • 電話:03-3802-3111(代表)