地蔵堀の石地蔵

更新日:2010年3月19日

 荒川警察署の隣りにある石地蔵は、元文5(1740)年、浄正寺十三世の寛誉が、村の安穏と五穀豊穣を願って建立したと伝えられています。

 この地蔵尊の建立されたところは、地蔵堀と呼ばれた用水堀の傍ら(現サンパール荒川【荒川1-1】付近)で、三河島村集落の東はずれにあたり、かつては村人が、旅立ちのときは道中の安全を願い、出迎えのときは道中の安全を喜び合うなど、恰好の目じるしでもあったところでした。

 大正14(1925)年に現在の場所に移され、今も交通安全祈願の地蔵として信仰されています。

所在地: 荒川区荒川3-1


全景(入口)


地蔵堀の石地蔵

文化財

  • 地蔵堀の石地蔵 [区登録]

観光振興課観光振興係

  • 〒116-8501
    荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)
  • 電話:03-3802-3111(内線:461)