荒川ふるさと文化館

荒川ふるさと文化館は平成10年5月1日に、郷土の歴史・文化を楽しみながら学び、探求する場として開館しました。南千住図書館を併設しています。
荒川ふるさと文化館では、荒川区に関する考古・歴史・民俗資料を、荒川区の通史に基づき展示公開しています。

新着情報

観覧無料日のお知らせ

10月22日(祝日)は即位礼正殿の儀を祝し、観覧無料といたします。

是非新しい新規ウインドウで開きます。「奥の細道と千住」のコーナーもご覧ください。

11月2日(土曜)より企画展「あらかわと太田道灌」を開催します!

詳細は下記リンク先をご覧ください。

あらかわ伝統工芸ギャラリー

あらかわ伝統工芸ギャラリーでは、令和元年9月13日(金曜)より「令和元年度第2回展示」を開催中です。
次回の「あらわ座」は、10月20日(日曜)ギャラリートーク「職人が語る 鋳造(ちゅうぞう)の世界」を行う予定です。

スタンプラリー開催中

  • 秋の文学と歴史スタンプラリー

9月1日から10月31日まで開催中です。
区内3か所(荒川ふるさと文化館、吉村昭文学館、日暮里図書館)のスタンプを集めると、先着200名にミュージアムグッズをお渡ししています。
ぜひご参加ください。ただし、入館料がかかります。

  • JOBANアート「謎解きスタンプラリー」

10月5日から12月5日まで開催します。
上野駅から取手駅までの常磐線沿線の文化施設を巡って謎を解くと、先着又は抽選で素敵なプレゼントがもらえます。
詳細は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。JOBANアートライン協議会特設ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

10月の休館日のお知らせ

10月の休館日は、7日(月曜)・15日(火曜)・21日(月曜)・28日(月曜)です。また、10月10日(木曜)は館内整理日のためお休みさせていただきます。

11月の休館日のお知らせ

11月の休館日は、5日(火曜)・11日(月曜)・18日(月曜)・25日(月曜)です。また、11月14日(木曜)は館内整理日のためお休みさせていただきます。

庁舎エントランスで伝統工芸品を展示しています

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
庁舎エントランス展示

月イチギャラリートークを行います

荒川ふるさと文化館では、毎月最終週の土曜、当館の学芸員が展示資料の解説をします。申し込みは不要です。直接展示室入口にお越しください。
費用:100円(入館料として)
※注釈 区民で中学生以下・65歳以上・障がい者とその介助者は無料

荒川ふるさと文化館


施設外観

  • 住所 荒川区南千住6-63-1 (南千住図書館併設、下記地図をご参照ください)
  • 電話番号 03-3807-9234
  • ファクス番号:03-3803-7744
  • 休館日 月曜 (月曜が祝日の場合は開館、翌日休館)、毎月第2木曜(館内整理日)、12月29日から翌年1月4日まで年末年始
  • 開館時間 午前9時30分から午後5時まで (展示室への入館は午後4時30分まで)
  • 入館料 100円 (但し、荒川区民で中学生以下・65歳以上・障がい者及びその介助者は無料)

荒川ふるさと文化館の施設や場所についての詳しい情報は上記リンク先をご覧ください。
また、観覧料や研修室等の減額・免除申請についても上記リンク先からダウンロードできます。対象となる団体様の詳細につきましては、荒川ふるさと文化館までお問い合わせください。

観覧無料日

  • 10月1日 都民の日
  • 11月3日 文化の日
  • 新規ウインドウで開きます。あらかわ家族の日 毎月第3土曜とその翌日の日曜は、荒川区在住の中学生以下のお子さんとそのご家族が無料

企画展示室

郷土あらかわに関連した考古・歴史・民俗資料の企画展示や、館蔵資料展などを行います。

常設展示室

通史の展示で、荒川区内で発掘された遺跡や土器、中世の板碑、近世の町や農村の暮らし、銭座の作業風景、昭和41年頃の復元家屋などが展示されています。
実物・模型・タッチパネルの検索などであらかわの歩みを知ることができます。

  1. プロローグ・あらかわの原始ゾーン
  2. あらかわの古代・中世ゾーン
  3. あらかわの近世ゾーン
  4. あらかわの近現代
  5. あらかわ史跡・文化財データ検索
  6. 「奥の細道と千住」コーナー

復元家屋内
復元家屋内

展示室内復元家屋
展示室内復元家屋

「奥の細道と千住」コーナー
「奥の細道と千住」コーナー

詳しい情報は上記リンク先をご覧ください。なお、展示室入り口では刊行物や展示関連グッズの販売も行っております。

あらかわ伝統工芸ギャラリー

平成29年5月2日(火曜)にオープンしました。伝統工芸技術の実演とワークショップを行う「あらわ座」を毎月開催するとともに、荒川区伝統工芸技術保存会会員の協力により伝統工芸品の解説・販売等も行います。
※注釈 職人が自身の作品について展示解説を行う日(不定期、主に土曜・日曜)については、荒川ふるさと文化館までお問い合わせください。
※注釈 あらかわ伝統工芸ギャラリーは観覧無料です。

視聴覚室・研修室(地下1階)

荒川ふるさと文化館、南千住図書館で行う講座、研修会、映写会、読書会等で使用します。事業等に支障がないときは貸し出しも行っております。
 
※注釈 ご利用希望日の1カ月前よりご予約を承りますので、荒川ふるさと文化館までお問い合わせください。

視聴覚室(定員:約50名)

  • 使用料 1,200円(1時間)
  • 利用時間 午前9時30分から午後5時まで

研修室(定員:約20名)

  • 使用料 800円(1時間)
  • 利用時間 午前9時30分から午後5時まで

視聴覚室・研修室をご利用希望の方は、電話予約した後、上記リンク先からダウンロードし、申請書にご記入のうえ提出をお願いします。

荒川ふるさと文化館施設詳細

荒川ふるさと文化館へのアクセス

このページに記載されている時間は、おおよその時間です。
交通事情や歩く速度などの状況により変わる事がございますので、あくまでも目安としてご活用下さい。

  • JR常磐線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス:南千住駅(徒歩で約10分)
  • 京成線:千住大橋駅(徒歩で約10分)
  • 都電荒川線:三ノ輪橋停留場(徒歩で約15分)
  • コミュニティバスさくら 南千01系統:南千住図書館停留所(徒歩で約3分)
  • 都バス 草43系統:千住大橋停留所(徒歩で約5分)


荒川ふるさと文化館のご案内

荒川ふるさと文化館の事業

荒川ふるさと文化館では、展示・講座・講演会等のほかに
文化財の保護・奨励
あらかわの伝統工芸技術の保存
等の活動を行っています。
埋蔵文化財についての手続きも行っておりますので、住宅の新築や建て替え工事、土木工事など開発工事を行う場合は、計画段階のなるべく早い時期に荒川ふるさと文化館へ相談して下さい。
文化財・伝統技術についての詳細は、下のリンク先をご覧ください(各画像をクリックするとリンク先に移動します)。