このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

先輩職員インタビュー 環境課(機械)

更新日:2017年12月19日

先輩にいろいろ聞いてみました。

正面写真

Q.今の仕事内容を教えてください。

公害規制に関する業務を行っています。例えば、土壌汚染やアスベストの相談、現場での指導などです。他にも新規工場設置の相談や設置後の現場検査などがあり、外に出る機会が比較的多い職場です。

仕事風景
振動計を使い工事現場周辺の環境を確認

Q.仕事のやりがいや魅力を教えてください。

区民の生活環境を守るため責任が問われる仕事ではありますが、区民の方から感謝の言葉を直接言っていただけると、頑張ってよかったなと強く感じます。こういった現場の声が近いため、自身の頑張りが目に見えて分かることが魅力の一つだと思っています。

Q.職場はどのような雰囲気ですか。

和やかでとても仕事がやり易い雰囲気です。先輩や上司の方々は優しく気さくな方が多いので、上下間の風通しが良い職場であると感じています。

Q.仕事をする中でどのようなことに気をつけていますか。

仕事上、関係する法律や条例及び専門性の高い知識などを区民や業者に対して説明をすることが多いため、間違った情報を教えないように正確な知識の確認を心掛けています。

デスクワークの様子

Q.特別区(荒川区)を志望した理由を教えてください。

機械職などの職種は、年度によって採用枠のある区が変わりますが、私が受験した年度では荒川区が採用を行っていました。荒川区内には木造密集地域があり、昔ながらの情緒あふれる街並みや、あたたかい区民の方々の雰囲気を感じることができる一方で、災害時は大きな被害が出ると予想されています。専門知識を活かし、災害に強い街づくりに貢献したいと思い、荒川区を志望しました。

Q.入庁の前と後とで印象の違いはありますか。

入庁して初めて知る業務が非常に多く、行政の仕事の幅広さに驚きました。私自身も区民向けのイベントの裏方をやらせていただく機会を通じて、区役所の仕事はお堅い仕事ばかりではなく、あたたかく人と人との交流を大事にする仕事が沢山あることを実感しました。

Q.荒川区に入ってよかったことを教えてください。

荒川区は下町情緒が残る一方、西日暮里や三河島地区では再開発が進みつつあり、今後の区の移り変わりを間近で見れることに喜びを感じています。

Q.業務終了後や休日の過ごし方について教えてください。

休日は絵画部のデッサン会に参加したり、同期の職員と一緒に遊びに行ったりしています。

受験生へのメッセージをお願いします。

理系の志望者の方は大学の卒業研究の関係で公務員試験が近くなるにつれて時間の確保が困難になる傾向が強いので、早い段階での準備と効果的な勉強が求められるようになります。そのため、模試などには積極的に参加し、安定して得点できる、自分なりの方法を確立することが大事です。試験勉強は大変だと思いますが、人生の岐路に立つ大事な場面ですので、悔いの残らないよう頑張ってください。

ある1日のスケジュール
時間 項目 内容・コメント
午前8時15分 登庁 作業着に着替え、メールや1日の予定を確認します。
午前8時30分 就業開始 上司や先輩の予定を確認し、1日の動きを調整します。
午前 事務処理 事務作業を行いつつ、お客さんがいらっしゃったら窓口業務を行います。
正午 昼休憩 自席でお弁当を食べたり、近くの飲食店に行ったりしています。
午後 現場調査 区民から相談のあった現場に行き、原因の調査や指導を行います。
業者からの相談 土壌汚染に関する相談や工場新設の相談を受けます。
午後5時15分 退庁 次の日の予定を確認し、帰り支度をします。
退庁後 趣味の時間に充てています。

お問い合わせ

荒川区荒川2-2-3
(代)03-3802-3111
職員課人事係 (内線2231,2232)
職員課人材開発係 (内線2234)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る