このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

青森県つがる市

更新日:2017年8月17日

区との交流

 ひぐらし小学校の給食で木造町農業協同組合の米等を活用したことから交流が始まりました。川の手荒川まつりへの参加などの交流を進めています。

つがる市へのアクセス

  • 鉄道:東京-(東北新幹線)−新青森−(JR奥羽本線)−川部−(JR五能線)−木造
  • 車:都内−(東北自動車道)−浪岡IC−(国道101号)−つがる市内

まちの紹介

 つがる市は旧木造町、旧森田村、旧柏村、旧稲垣村、旧車力村が平成17年2月11日に合併して誕生しました。青森県9番目の市です。
 つがる市はその昔、一面不毛の湿地帯だったこの地を新田開拓のためにと先人たちが悪条件やさまざまな障害に立ち向かいたゆまぬ努力を注いで開拓した地です。
 初夏のみずみずしい緑が広がる水田風景や、秋の黄金色の稲穂が風にそよぐ壮大な田園風景は自慢の自然風景のひとつです。
 七里長浜に美しく続く屏風山防風林風景。これも先人たちが、日本海からの強い偏西風と大砂丘から飛ぶ砂塵から新田を守るため、実に200年以上にわたって続けた植林事業の成果です。

  • 人口 33,747人(平成29年3月1日現在)
  • 面積 253.85平方キロメートル
  • 味覚・・・米、りんご、スイカ、メロン、トマト、ネギ、ナガイモ、ごぼう
  • 楽しむ・・・出来島海水浴場、つがる地球村、稲穂いこいの里、ベンセ湿原、亀ヶ岡石器時代遺跡

くわしくは

 つがる市役所 電話:0173-42-2111(代表)

お問い合わせ

文化交流推進課都市交流係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎3階)
電話:03-3802-3111(内線:2524)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る