このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

脳ドック受診助成事業

更新日:2017年4月1日

 脳卒中などの脳の疾患は、自覚症状がなく突然発症する場合が多く、発症すると重度の後遺症や死亡に至る深刻な結果を引き起こす場合があります。
 このようなことを予防するため、健康の維持増進を目的に脳ドック受診助成事業を行っています。

対象者と助成内容

助成対象

以下の条件をいずれも満たす方

  • 受診時に、40歳以上の国民健康保険又は後期高齢者医療制度の被保険者であること
  • 申請時に、現年度から前々年度までの保険料を完納していること

※注釈 受診後1年を経過した場合には助成の対象となりません。

助成内容

  • 脳ドック受診費用の2分の1とし、2万円を限度とします。
  • 保険診療となる脳検査は対象外です。
      (自覚症状があり、かかりつけ医の紹介により脳検査を受ける場合など)
  • 2か年度を連続して助成を受けることはできません。

助成の流れ

脳ドックを受診する前又は受診後に、区へ申請をしてください。

1 区へ助成金を交付申請

  • 申請は、区役所1階11番窓口(管理係)又は郵送でお願いします。

※注釈 本人以外の方が申請される場合は別途委任状が必要です。

2 申請者に交付決定通知書を郵送

  • 助成が決定した際には、区から交付決定通知書を郵送します。

  (助成できない場合には、不交付決定通知書を郵送)

※注釈 通知後に受診医療機関や受診日の変更等をした際には、必ず区に連絡してください。

3 区へ実績報告書を提出

  • 脳ドックを受診後、速やかに実績報告書兼請求書を提出してください。
  • その際の添付書類として、受診医療機関が発行した領収書(写しも可)が必要となります。

4 申請者へ交付額確定通知書を郵送

  • 交付額確定通知書を郵送します。
  • 併せて、脳ドック受診助成金を申請者の口座に入金します。

ご利用時の注意

1. 交付申請書・実績報告書のご提出の際は、必ず署名・捺印をお願いいたします。
2. 領収書は、脳ドックの代金である旨が明記されたものをご提出ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

国保年金課管理係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎1階)
電話:03-3802-3111(内線:2371)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る