このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

小学生にマイバッグ普及啓発用のリーフレットなどを配りました

更新日:2014年2月4日

 区では、11月から地球温暖化防止月間である12月までの2か月間を強化月間として、ごみの減量と資源の有効活用の観点から、マイバッグを持参してレジ袋を辞退する「使って!マイバッグ」キャンペーンを実施しました。
 このキャンペーンの一環として、平成25年12月に区内の全小学校の児童と保護者の方を対象にリーフレットとちらしをお配りしました。
 手軽に始められるごみ減量の取り組みの一つとして、皆さんもマイバッグを使ってみませんか。レジ袋を断るのがちょっと苦手という方のために、リーフレットとちらしには「レジ袋いりません」カードがついています。ダウンロードしてご活用ください。

マイバッグ普及啓発用リーフレット(小学1年生用)

 小学校1年生にマイバッグ普及啓発用のリーフレットを配付しました。リーフレットは、下からダウンロードして、ご覧いただくことができます。
 なお、2年生以上には、23または24年度に配布しています。

マイバッグ普及啓発用ちらし(小学2〜6年生用)

 小学2〜6年生にマイバッグ普及啓発用のちらしを配付しました。ちらしは、下からダウンロードして、印刷できます。
 ちらしは、荒川区のリサイクルキャラクターであるりっくるが載った箱が作れるようになっています。「りっくるの箱の折り方」の動画を参考に、ぜひ折ってみてください。

ちらしの表と裏を両面で印刷してください。

りっくるの箱の折り方を動画でご案内します。

レジ袋を断ることで、ごみの減量だけではなく、エネルギー資源の節約にもなります

 私たちは、年間約300枚のレジ袋を使用していると言われています。区内では年間約6,000万枚のレジ袋が使われており、その原料として約1,100キロリットル(25メートルプール約3杯分)もの石油を使用していることになります。
 レジ袋を断ることで、ごみの減量だけではなく、レジ袋の製造から廃棄までの間に発生するエネルギーや二酸化炭素の削減にもつながります。
 また、動物によるレジ袋の誤飲等、自然環境に与える悪影響も防げます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

清掃リサイクル推進課管理計画係
〒116-0001
荒川区町屋五丁目19番1号
電話:03-3802-3111(内線:470)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

リーフレット・刊行物

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る