議会のしごと> 議決 請願・陳情の審査 請願・陳情の書き方

請願・陳情の書き方


 ○○に反対する請願(陳情)書・○○の改善・促進に関する請願(陳情)書 というように、できれば「何をどうしたい」という表現にしてください。
 「趣旨」は、請願(陳情)の要旨を簡潔に書いてください。「理由」は請願(陳情)を出すに至った経過と目的を詳しく書いてください。
 二人以上で出す場合は、各々の住所、氏名を書き押印をして、代表者を定めてください。提出者が大勢いる場合は、署名簿を作成して一緒に提出し、代表者の横に署名者数を記載してください。
 なお、署名者数の確認により、数が変わる場合等があるので、あらかじめ、請願(陳情)書の欄外に「訂正印(代表者印)」を押してください。
 また、請願(陳情)の提出のため区議会に来庁された際には、記載内容の確認をしますが、誤記等があった場合には、その場で訂正箇所に訂正印(代表者印)を押印することにより訂正をお願いしますので、印鑑をお持ちください。
 書式の「書き方(例)」は次のとおりです。 用紙の大きさや紙質、横書き、縦書きは問いません。





※1 陳情書の場合は、荒川区外に在住する方で荒川区内に在勤し、又は在学する方については、勤務先の名称又は学校の名称、住所をあわせて記載してください。




※2 陳情書の場合は、荒川区外に在住する方で荒川区内に在勤し、又は在学する方については、勤務先の名称又は学校の名称、住所を記載してください。



次に該当する陳情は審査されない場合があります。

@郵送又は代理人が持参した陳情
※ただし、陳情者が心身等の障害のために持参できない場合を除きます。

A荒川区内に在住し、在勤し、又は在学する方以外から提出された陳情
※提出者が複数の場合、区内に在住・在勤・在学している方が含まれているときは、審査の対象となります。
※区外の方(在勤・在学する方を除く)の場合、請願(荒川区議会議員の紹介があるもの)により、提出することができます。

B個人・団体をひぼう中傷している陳情

C基本的人権を侵害するなど、違法性があり、又は明らかに公序良俗に反する行為を求める陳情

D私人間の紛争に関する陳情

Eすでに願意が達成されている陳情

Fその他、議会の審査に馴染まないと議長が判断する陳情
※用紙の大きさや紙質、横書き、縦書きは問いません。

詳しくは議会事務局へお問い合わせください。
区役所代表 3802−3111 内線3615



前のページへ(B)   次のページへ(N)