このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区議会
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 自動翻訳
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
サイトメニューここまで
あらかわ区議会 Arakawa City Assembly

本文ここから

「女性が輝く社会」の実現に関する意見書

更新日:2018年3月23日

本文

 政府は、女性の活躍を成長戦略の柱の一つと定め、「2020年に指導的地位に占める女性の割合30パーセント」との目標を掲げ、「女性活躍担当相」を新設しました。
 また、臨時国会には「女性の活躍推進法案」を提出し、その取り組みの推進を「国や地方自治体の責務」と位置付け、仕事と家庭の両立を図る環境整備などに向けた基本方針を国が策定するとしました。その上で、国や地方自治体に加え従業員が300人を超える企業・団体に対し、女性管理職の割合や女性の採用比率、女性の勤続年数といった項目について状況把握・分析し、改善すべき事項等に関しての数値目標を盛り込んだ行動計画を定めて、これを公表することを義務付けることとしました。加えて、国は公共工事の実施や物品の調達などにあたって、女性の登用に積極的に取り組んでいる企業・団体への発注の機会を増やすとしています。
 今後、我が国が世界一の「女性が輝く社会」を実現していくためには、この様な取り組みを確実に進めながら、一層加速化していかなければなりません。
 よって、荒川区議会は、国会及び政府に対し、下記の事項について適切な措置を講じられるよう強く要望します。

  1.  「2020年に指導的地位に占める女性の割合30パーセント」との目標について、民間に先駆けて政府、国会、地方自治体が率先して早急に取り組み、毎年その進捗状況について公表すること。
  2. 女性が幅広い分野で活躍できるよう、職場復帰等の支援や、起業支援、在宅テレワークの推進など、女性が働きやすい環境整備のための支援措置を創設すること。
  3. 家庭生活と仕事を両立できるよう、育児・介護休業制度の抜本的見直しや、子ども・子育て支援新制度、放課後子ども総合プランを着実に実施し、同一労働にもかかわらず男女間に生じる賃金格差の実質的な解消のために必要な措置を早急に講じること。
  4. 働く女性が妊娠・出産を理由にした不利益な対応や嫌がらせを受ける「マタニティー・ハラスメント(マタハラ)」の撲滅に向け、企業などに対し、マタハラを防ぐ行動計画の策定を義務付けること。
  5. 子どもの医療や教育に係る財政的支援や、子育て世帯に対する住宅支援など、子ども・子育て環境の充実に向けて予算・税制を抜本的に見直すこと。
  6. 女性特有の疾病予防対策、不妊治療・不育症に対する助成の拡充など幅広い支援を一層拡充すること。

提出先

衆議院議長・参議院議長・内閣総理大臣・財務大臣・総務大臣・文部科学大臣・厚生労働大臣・経済産業大臣・国土交通大臣・女性活躍担当大臣

お問い合わせ

議会事務局議事係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎5階)
電話:03-3802-3111(内線:3614)

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 本会議等録画中継
  • 委員会録音中継
  • 新規ウィンドウで開きます。会議録閲覧
  • 議会日程
  • 議事内容
  • 議員名簿
  • 議会の仕組み
  • 議会だより
  • 請願・陳情
  • 傍聴のご案内
  • 視察案内
  • 関係例規
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区議会

交通のご案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 荒川区議会事務局(荒川区役所・本庁舎5階)
電話:03-3802-3111(代表) 内線:3611
Copyright © Arakawa City Assembly. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る