このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区議会
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 自動翻訳
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
サイトメニューここまで
あらかわ区議会 Arakawa City Assembly

本文ここから

児童虐待による不幸の増大・連鎖を断ち切るための施策と筋の通った持続可能な福祉・保健制度について 小坂英二(日本創新党)

更新日:2019年4月17日

小坂英二議員の写真
小坂英二(日本創新党)

児童虐待による不幸の増大・連鎖を断ち切るために

 虐待を受けた児童が成人した後、全員へカウンセリングを実施する取り組みを始めてはどうか。

 慎重に検討する必要があると考えているが、関係部署と連携を図り対応していく。

 児童虐待加害者へのカウンセリングを具体的にどう行うのか。区の見解を問う。

 専門団体との協働も視野に入れ、尽力する。

 各部署の窓口対応の職員へ心理学の研修を十分行い、不適切対応の発生防止をすべきと考える。

 ロールプレイング等の研修や、職員へのカウンセリング等適切な対応ができる体制を整えている。

筋の通った持続可能な福祉・保健制度を!安心の地域社会へ

 生活に困窮した外国人は大使館に対応を求めるべきであり、生活保護支給は廃止すべきである。

 今後とも制度の適正な運用に努めていく。

 結核菌を保持した職員への対応を改め、安全確保のために就労を制限すべきと考える。

 法に基づくルールに則り、結核患者等の人権を尊重しつつ、今後も適切な対応に努めていく。

 日本語学校建設に総量規制をすべきと考える。

 法令等の基準に適合した日本語学校の設置について、区が規制することは困難と考えている。

その他の質問項目

  • 教育、子育ての支援策のあるべき姿に向けて
  • 有害なものへの補助を断ち切る勇気を

お問い合わせ

議会事務局企画調査係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎5階)
電話:03-3802-3111(内線:3616)

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 本会議等録画中継
  • 委員会録音中継
  • 新規ウィンドウで開きます。会議録閲覧
  • 議会日程
  • 議事内容
  • 議員名簿
  • 議会の仕組み
  • 議会だより
  • 請願・陳情
  • 傍聴のご案内
  • 視察案内
  • 関係例規
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区議会

交通のご案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 荒川区議会事務局(荒川区役所・本庁舎5階)
電話:03-3802-3111(代表) 内線:3611
Copyright © Arakawa City Assembly. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る