このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

切れ目のない子育て支援体制の構築を目指して

更新日:2019年8月1日

荒川区長
西川 太一郎

 子どもは未来社会の守護者であり、明日の荒川区を支える貴重な宝です。
 区はこれまで、さまざまな子育て支援策を展開し、すべての家庭が地域の中で安心して子育てができる支援体制の構築に力を注いで参りました。
 平成31年4月からは、妊娠期・出産期・子育て期を通して、切れ目のない支援を提供する子育て世代包括支援センター機能を整備し、ゆりかご面接を開始しています。ゆりかご面接では、助産師・保健師等の専門職がすべての妊婦と面接を行い、一人ひとりの状況にあった支援プランを作成します。その後は、かかりつけ保健師が妊娠中から出産後まで継続して相談に応じ、プランを活用して家庭の状況を把握しながら、ニーズに合わせた情報提供等、切れ目のない支援を行います。
 また、産後ケア事業では、助産師が自宅を訪問して、育児相談や乳房ケア等の指導が受けられる訪問型も新たに始めています。
 10月からは、幼児教育・保育の無償化が実施されます。幼児教育・保育は生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要な役割を担っています。区は、国や都の制度を基本としつつ、地域の実情に合わせて、子育て家庭の経済的負担の軽減を図るとともに、幼児教育・保育の基盤整備に全力を挙げて取り組んで参ります。

お問い合わせ

秘書課総合相談係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎1階)
電話:03-3802-3111(内線:2161)
ファクス:03-3802-6262

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る