このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

大震災を想定した事前の備えを

更新日:2014年9月1日

荒川区長・特別区長会会長
西川 太一郎(にしかわたいいちろう)

 いつ来てもおかしくないと、切迫性が指摘されている首都直下地震は、荒川区に死者471人、焼失家屋5521棟に及ぶ甚大な被害をもたらすと想定されています。
 区では、震災対策を区政の最重要課題の一つに位置付けて事業を推進しています。特に力を入れているのが永久水利施設の整備です。これは、阪神淡路大震災の教訓を基に、上水道が断水しても河川水や地下水を活用して消火を継続する仕組みであり、全国的にも先進的な取り組みです。
 3月9日には、あらかわ遊園に隅田川の水を活用する永久水利施設が初めて完成しました。26年度は荒川公園に地下水を活用する永久水利施設を、都立尾久の原公園に隅田川の水を活用する消防機器を設置し、木造密集地域等へ送水する体制整備を強化して参ります。
 また、新たに震災時の救助活動を迅速に行うための「災害時安否確認シール」と被災者の把握と避難所運営を円滑に行うための「避難者カード」を全世帯に配布します。震災時に確実に活用出来るよう、分かりやすく持ち出しやすい場所に保管して頂くようお願いします。
 9月1日は、防災の日です。この日を中心に、各地域では避難所開設・運営訓練を始め、応急手当てや可搬ポンプによる消火訓練などの防災訓練を実施します。
 被害を軽減するためには、「自助・共助・公助」の連携が不可欠です。区民の皆さまには積極的に訓練に参加して頂くと共に、日頃から家族でも、避難の方法やいざという時の連絡方法を確認し、飲料水や食料など、家庭における備蓄を充実して頂けるようお願いします。

お問い合わせ

秘書課総合相談係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎1階)
電話:03-3802-3111(内線:2161)
ファクス:03-3802-6262

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る