このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

写真でみる区長の行動(平成22年1月)

更新日:2010年3月23日

  • 表題 新年祝賀会
  • 月日 1月4日(月)
  • 場所 ホテルラングウッド
  • 内容 昨年は、区政を取り巻く環境に大きな変化があった一年でした。中でも、米国発の金融不安に端を発した深刻な不況と経験したことのない新型インフルエンザの流行は、大きな影響を及ぼしました。区は、区民の皆様の「安心の砦」としての役割を果たすため、引き続き、様々な施策を着実に実施してまいります。行政需要をしっかりと見極めるとともに、地域に携わるあらゆる方々に積極的に区政に参加いただき、共に知恵を出し合い、様々な形で連携・協力して、地域づくりを行ってまいりたいと考えております。引き続き、より一層のご支援とご協力をお願いいたします。
  • 表題 福井県水仙まつりPR 水仙娘による表敬訪問
  • 月日 1月13日(水)
  • 場所 応接室
  • 内容 第35回水仙まつりのPRのため、荒川区に来庁されました。福井県との交流は、福井県知事の荒川区来訪を契機に始まり、川の手あらかわまつり、荒川区産業展、荒川区伝統技術展への参加など様々な交流を進めています。荒川区にある小塚原回向院は、「解体新書」を著した杉田玄白(福井・小浜藩)が腑分けした場所であり、また同所には幕末の福井出身者、橋本左内、梅田雲浜などの墓もあるなど、福井県と荒川区は歴史的にも深いつながりがあります。福井県とは、引き続き、交流を深めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 表題 ふれあい防災寄席
  • 月日 1月15日(金)
  • 場所 日暮里サニーホール
  • 内容 「阪神・淡路大震災」から、15年が過ぎようとしています。震災からの復興には、ご近所同士の助け合いや全国から駆けつけたボランティアの活動などを通じ、「人々の暖かさ」を実感したのではないでしょうか。そこで、この年をボランティア元年として定めたのが「防災とボランティア週間」です。区では、防災に対する関心の更なる向上を図るため、私が席亭を勤めている「荒川ふれあい寄席」とコラボレーションし、「ふれあい防災寄席」を開催することとしました。区では、引き続き、災害に強い街づくりに取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
  • 表題 第3回あらかわ子ども読書フェスティバル
  • 月日 1月16日(土)
  • 場所 日暮里サニーホール
  • 内容 「あらかわ子ども読書フェスティバル」は荒川区の子どもたちの1年間の読書活動の集大成として開催しています。区では、子どもたちの読書環境を整備し、自主的な読書活動を支援するため、「荒川区子ども読書活動推進計画」を策定し、家庭と地域、学校や図書館が連携して様々な取り組みを行っています。特に、学校図書館の充実には力を入れており、全小・中学校の蔵書を大幅に充実したほか、図書館指導員も全校に配置しました。また、昨年11月に区内で2か所目となる図書サービスステーションを冠新道商興会に設置し、多くの方々にご利用いただいています。引き続き、全ての区民の皆様が、読書に親しめる環境の整備に取り組んでまいります。

お問い合わせ

秘書課秘書係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)
電話:03-3802-3111(内線:2004)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る