このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

写真でみる区長の行動(平成21年12月)

更新日:2010年3月23日

  • 表題 第22回都電荒川線写真コンテスト表彰式
  • 月日 12月5日(土)
  • 場所 町屋文化センター
  • 内容 このコンテストは、昭和63年に荒川区地域振興公社の設立と同時に始まり、22回目を迎えました。沿線の商店をはじめ、東京都交通局、全日本写真連盟、全荒川写真連盟、また、今年から新たに荒川区商店街連合会にも参加していただくなど、多くの方々のご協力をいただき開催されています。都電荒川線は、都内で唯一の路面電車として多くの方に親しまれています。区といたしましても、都電荒川線を貴重な観光資源の一つとして広くPRし、区外からも多くのお客様にお越しいただけるよう努めてまいります。
  • 表題 荒川区本庁舎消防訓練
  • 月日 12月7日(月)
  • 場所 荒川区役所・荒川公園
  • 内容 荒川消防署並びに、地元の荒川消防団第四分団のご協力をいただき、荒川区役所本庁舎の消防訓練を実施しました。火災発生時には、消防署の消火活動だけではなく、可能な限りの初期消火活動が、被害の拡大防止には不可欠です。区といたしましても、区役所を利用されている皆様の安全を確保し、被害を最小限に止めるため、庁舎内の職員による自衛消防隊を組織し、約80名が今回の訓練に参加しました。地域の消防力を高めつつ、区内全体の防災力の向上を図ることにより、安全・安心な街づくりの実現に努めてまいりますので、引き続き、皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。
  • 表題 第30回記念 あらかわの伝統技術展
  • 月日 12月18日(金)
  • 場所 荒川総合スポーツセンター
  • 内容 この伝統技術展は、様々な伝統工芸技術を、多くの方にご覧いただくことにより、伝統技術の重要性をご理解いただく場として昭和56年に、22名の職人の参加により始まり、今年で30回目を迎えます。今回は、当時の3倍となった66名の職人の皆様が、一堂に会しまして、その技をご披露いただきました。また、職人の皆様には、日ごろから、伝統工芸技術の普及並びに、次世代への継承に尽力されているほかにも、区のPRのため、各地の催しに参加し、荒川区の名を国内外に広めていただいております。このたび区では、職人と伝統工芸技術の仕事に携わることを希望する若者を結び、技術を次世代へ伝えるために、継承者の育成を積極的に支援する「荒川の匠育成事業」を新たに始めました。荒川区が誇る伝統工芸技術が花開き、しっかりと実を結ぶことを期待するとともに、伝統技術保持者の皆様には、引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。
  • 表題 第1回緑花大賞表彰式
  • 月日 12月24日(木)
  • 場所 サンパール荒川
  • 内容 花や緑は、人々の心を癒す効果があり、街に彩りを添え、良好な景観の形成にも大きな役割を果たしています。また、緑は、ヒートアイランド現象や地球温暖化の対策としても、効果が期待されています。今年3月に「荒川区花と緑の基本計画」を策定し、緑を量的に増やすだけでなく、緑花活動に一人でも多くの区民の皆様が参加できる施策に取り組んでいます。「緑・花」大賞は、その施策の一つとして創設したものです。区といたしましても、今年5月に開催した第1回あらかわバラの市をはじめ、街なか花壇事業など、区内に花と緑を増やす様々な事業に取り組んでおりますので、引き続き、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

秘書課秘書係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)
電話:03-3802-3111(内線:2004)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る