このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

やってみよう 手ばかりで飲む適正飲酒

お酒の飲み過ぎ要注意

お酒は、飲みすぎると脂肪肝、肝硬変などの肝臓病や脳血管障害、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の原因となるだけでなく、依存症になることもあります。

体にやさしいお酒の飲み方のポイント

週2回の休刊日

連日の飲酒は肝臓を疲れさせ、細胞を傷つけ機能低下をまねきます。
この修復のためには2日から3日続けて飲んだら1日休む、週2日程度の「休肝日」が必要です。

女性は少量でも要注意

女性は同じ量を飲んでも、男性より血中濃度が高くなるため、肝硬変などの臓器障害を起こしやすくなります。
また、少量でも毎日飲むと乳がんのリスクが高くなるといわれています。

アルコールと睡眠

酔うと眠くなりますが、アルコールが分解され血中濃度が低下してくると、逆に覚醒させる作用がでてきます。
そのため眠りが浅くなり、睡眠の質が低下するので、眠るための飲酒は逆効果です。

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る