このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

荒川区オレンジカフェ事業補助金のご案内

更新日:2016年11月1日

オレンジカフェ(認知症カフェ)とは

 認知症の方やその家族、地域住民や医療・介護・福祉の専門職等の誰もが参加でき、気軽にお茶を飲みながら、情報を交換したりお互いを理解しあう、認知症の方等の支援を目的とした集いの場です。認知症になっても住み慣れた地域でその人らしい生活が継続できるよう、認知症の方等が社会的に孤立することを防ぎ、また家族の介護負担を軽減することや、オレンジカフェを通じて認知症に関する正しい理解や支援の輪が広がることが期待されています。

荒川区では、区内でオレンジカフェを運営する団体に対し、オレンジカフェの運営費等の一部を助成します。
(平成28年10月1日から荒川区オレンジカフェ事業補助金の制度が一部改正されました。)

荒川区オレンジカフェ事業補助金の概要

対象事業

 月1回以上、1回当たり2時間以上、認知症キャラバン・メイト等の相談人員を2人以上配置して、荒川区内で開催するオレンジカフェ事業

対象経費

 講師等謝金、会場等使用料又は賃借料、消耗品費、印刷製本費、役務費ほかオレンジカフェ事業の実施に要する経費とします。

交付額

 補助対象経費の実支出額に以下の補助率を乗じた額又は補助限度額のいずれか低い額とします。
 なお、新たにオレンジカフェを開設する場合は、当該額に1万円を加算します。(但し、加算後の額が補助対象経費の実支出額を上回る場合は、補助対象経費の実支出額を上限とします。)

補助率

 講師等謝金並びに会場等使用料又は賃借料については10割
 消耗品費、印刷製本費、役務費等については5割 

補助限度額

 講師等謝金は10,000円
 会場等使用料又は賃借料、消耗品費、印刷製本費、役務費等については、合計額に対して、2,000円にオレンジカフェ開催回数を乗じて得た額(上限100,000円)

その他申請方法等については、以下のご案内をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

高齢者福祉課 介護予防事業係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)
電話:03-3802-3111(内線:2666)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る