このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

「荒川区超高齢者の健康長寿に関する調査(95歳以上・85歳以上)」にご協力ください

更新日:2019年4月1日

荒川区は、慶應義塾大学医学部が実施する超高齢者の健康長寿に関する調査に協力しています。
対象の方へアンケート調査票を発送しておりますので、是非ご協力をお願いします。
(郵送される封筒はA4サイズで、荒川区と慶應義塾大学のロゴマークが印刷されています。)

予備調査

※注釈 終了

目的

知恵尺度の信頼性・妥当性を検証するとともに地域尺度を把握するため

対象者

60代、70代、80代、90代の男女の8郡、計1,000名

実施時期

平成27年5月

結果

235名の回答(23.5%)

認知機能

各群の分散が大きいため、認知機能の加齢過程については検討できなかったが、95歳以上の超高齢者の認知機能が明らかとなった。
認知機能を保持し、注意機能を高く保つことは、健康寿命を延ばすことに寄与する可能性がある。

知恵と背景因子

知恵は年齢と有意な正の相関を示した。また、女性は孫との同居が、男性は配偶者との同居がともに知恵と正の相談の傾向を示した。

考察

  • 地域在住の高齢者において、性格傾向やコミュニティ感覚が人生の統合感(人生の受容と死の受容)を促進することがわかった。
  • 人生の統合感を感じ、知恵をもつことができることは、人生の満足度を高めることに直接的に関係する。
  • 超高齢社会を迎える中、高齢者が、より生活の質の高い充実した生活を送るよう支援するためには、性格傾向やコミュニティ感覚といった心理社会的な側面にも配慮し、地域をいかにつくっていくかが重要。

本調査(95歳以上)

※注釈 終了

対象者

平成27年10月1日時点で95歳以上になり、かつ平成28年1月1日現在荒川区に住所をお持ちの方。

実施時期

27年度から29年度までの3年間にわたり、地区ごとに順次実施。

調査方法及び内容

アンケートは「1.アンケート御協力への同意書」「2.ご本人のお考え」「3.ご本人の様子」「4.ご家族・施設スタッフの方へ」の4点あります。
アンケートに必要事項を記入し、同封の返信用封筒に入れてご郵送ください。 切手は不要です。
また、アンケートへの御協力いただいた方には、後日、慶應義塾大学医学部の調査スタッフが訪問し、アンケートの内容確認や心身の健康チェック・採血などを行います。
本調査はご協力をお願いするもので任意です。可能な範囲でご協力よろしくお願いいたします。

本調査(85歳以上)

※注釈 終了

対象者

平成28年1月1日時点で85歳以上87歳以下、かつ荒川区に住所をお持ちの方。

実施時期

平成29年10月下旬からアンケート用紙の発送を開始し、平成31年3月まで順次行います。
1回目(平成29年10月23日) 1,222人の方に発送(済)
2回目(平成30年2月19日) 1,221人の方に発送(済)

調査方法及び内容

  1. 対象の方にアンケート調査票が送付されますので、ご回答いただきます。質問内容は、日常生活のご様子、ものごとの見方について等です。
  2. 1.のアンケートにご回答いただいた方を対象に、実際に体力測定、血液採取、面談などを行います。(後日、個別にご案内します。会場:汐入防災センター、サンパール荒川、ムーブ町屋、アクト21など)

講演会の実施

調査協力による繋がりを生かし、慶應大と区の共催による講演会を実施しています。

平成27年10月

【講演内容】

  • 三村 將 氏(医学部教授):もの忘れの予防と対策
  • 新井 康通 氏(医学部百寿総合研究センター専任講師):百寿者から学ぶ健康長寿の秘訣
  • 高山 緑 氏(理工学部教授):ポジティブ・エイジング
  • 新村 秀人 氏(医学部助教):荒川区超高齢者の健康長寿に関する調査について

平成28年9月

【講演内容】

  • 広瀬 信義 氏(医学部特別招聘教授):健康百寿者をめざして
  • 新村 秀人 氏(医学部助教):荒川区高齢者の健康長寿に関する調査について

予備調査の学会発表

平成28年6月23から24日に開催された第31回日本老年精神医学会にて、予備調査の結果に関して発表がありました。
引き続き調査への御協力をお願いいたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

 調査票の記入方法についてのお問い合わせは慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室へ、それ以外の本調査全般についてのお問い合わせは高齢者福祉課高齢者福祉係までお願いします。

慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
電話:03-5363-3971 平日9時から17時まで
※注釈 通話料がかかります

高齢者福祉課高齢者福祉係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)
電話:03-3802-3111(内線:2661)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

健康長寿に関する調査

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る