このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

糖尿病を予防する区のサービスのご紹介

更新日:2018年12月18日

区民の皆さんが、糖尿病を予防し、また糖尿病になった場合でも病状を進行させないように、様々な事業を行っています。ぜひご利用ください。

(1)糖尿病栄養相談

保健所では、区の栄養士が糖尿病の重症化予防を目的に、医療機関と連携をとりながら保健所栄養士による食生活改善指導を行っています。

ご利用方法

  • 月2回(木曜)午前9時、10時、11時、午後1時30分、2時30分
  • 月1回(土曜)午前9時、10時、11時

糖尿病栄養相談を利用された区民の声

利用者の声

(2)あらかわNO!メタボチャレンジャー(区オリジナル健康づくり6か月プログラム)   

自分にあったプログラムを作成し、栄養や運動の講座を受けながら、仲間と共に実践する6ヶ月の健康づくりプログラムです。
生活の中で無理なく続けられる【私流健康づくり法】を見つけることが目的です。
このプログラムには、血糖値を改善し「糖尿病予防」及び「糖尿病の重症化防止」のためのオプションメニューがあります。
毎年、4月に募集が始まり、5から11月に取り組みます。

詳細はこちら

  • 30年度の取組の様子

(3)区健康づくり体操(あらみん体操・ころばん体操・せらばん体操)

「あらみん体操」「荒川ころばん体操」「荒川せらばん体操」は、区民のモニターの方にご協力いただき、区と首都大学東京が共同で開発したオリジナル体操です。
「荒川ころばん体操・せらばん体操」は、「荒川ころばん体操推進リーダー」が、区内26会場の公共施設などにおいて、ボランティアで運営しています。
また、「あらみん体操」は、「あらみん体操PRし隊」が、地域に出向いて普及啓発を行っています。
これらの体操を、地域で仲間と一緒に、また仕事や家事の合間などリフレッシュするのにご活用ください。

(4)国民健康保険加入の方への取り組み

25年度から、被保険者を対象として、新規ウインドウで開きます。糖尿病重症化予防の取り組みを始めました。

  • 診療報酬明細書(レセプト)情報、特定健診データを分析し、指導対象者を抽出
  • 主治医と連携を図りながら、保健指導(服薬管理、食事療法、運動療法等)を実施

※注釈 保健指導では、専門職(保健師・看護師・管理栄養士等)のアドバイスをもとに、「糖尿病重症化防止プログラム」を実施(業者委託)しています。

こちらもご利用ください

区では、ヘルスチェック、運動や禁煙など、健康づくりをお手伝いする様々なサービスを行っています。

社会体育課で行っているスポーツイベントの情報です。

糖尿病に関するページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

健康推進課保健相談担当
〒116-8507
荒川区荒川二丁目11番1号
電話:03-3802-3111(内線:432、434)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る