このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

介護保険住宅改修

更新日:2019年5月1日

制度概要

 介護保険の要介護認定で要介護・要支援と認定された方が、自宅において手すりの取り付けや段差の解消等の改修を行う場合、支給限度額を20万円として、介護保険の住宅改修制度を利用することができます。
 介護保険の住宅改修は、次の2つの方法で行うことが出来ます。

給付券方式

 工事の前に給付券方式を申請すると、介護保険の利用者負担割合分の金額で住宅改修を行うことが出来ます。
 ※注釈1 利用者負担割合は被保険者ごとに異なります。介護保険負担割合証でご確認ください。
 ※注釈2 利用者負担割合分のほか、支給限度額を超える金額は、全て利用者負担となります。

償還払い方式

 利用者が全額を支払い改修し、改修後に利用者負担分を除いた金額が支給されます。
 ※注釈1 必ず事前の申請が必要です。
 ※注釈2 利用者負担割合は被保険者ごとに異なります。介護保険負担割合証でご確認ください。
 ※注釈3 利用者負担割合分のほか、支給限度額を超える金額は、全て利用者負担となります。

給付券方式

相談してください

 介護支援専門員(ケアマネジャー)や地域包括支援センター、荒川区の給付券取扱事業者に相談します。主な相談事項は、次のとおりです。
 相談の際、介護保険の被保険者証及び負担割合証を提示してください。また、ケアプラン作成を依頼しているケアマネジャーを交えて相談することをお勧めします。

  • 実施する住宅改修の内容
  • 住宅改修の金額
  • 着工予定日
  • 施工事業者
  • 改修予定個所の写真撮影

荒川区介護保険課へ申請します

 申請に必要な書類は、次のとおりです。申請は、区役所介護保険課で受け付けます。申請の際には、必ず印鑑をご持参ください。

  • 住宅改修費給付券支給申請書 ※注釈1
  • 見積書 ※注釈1
  • 住宅改修が必要な理由書 ※注釈2
  • 住宅所有者の承諾書(被保険者と所有者が異なる場合のみ)
  • 改修前の日付入りの写真
  • 図面

 ※注釈1 申請書と見積書には、給付券取扱事業者の記名、押印が必要です。
 ※注釈2 住宅改修が必要な理由書は、ケアプラン作成を依頼しているケアマネジャーに書いてもらいます。

 給付券方式では、給付券の発行申請に当たって、利用者が受け取る保険給付費の請求と受領に関する権限を給付券取扱事業者に委任していただきます。この権限の委任(受領委任)に基づいて、区が事業者に直接、保険給付費を支払えるようにすることで、利用者は住宅改修を利用者負担割合分の金額で行えるようになります。

給付券等を送付します

 区では、受け付けた申請書などの内容等を確認し、給付券と完了届等を発行します。
 給付券には、保険給付の対象となる住宅改修の内容、保険給付の金額などが記載されています。

工事を開始します

 改修が完了したら、自己負担額を支払い、事業者に記名、押印した給付券を渡します。
 ※注釈 改修は、給付券に記載されたとおりに行います。記載内容と異なる場合は、給付券が無効になりますのでご注意ください。

完了届を提出します

 完了届の用紙は、区から、給付券と一緒にお送りしています。改修前と改修後の写真を添付してください。

  • 完了届
  • 写真

事業者の請求に基づき、保険給付費が区から事業者に支払われます

 ※注釈 給付券による住宅改修の詳細については、区役所介護保険課またはケアマネージャーにお問い合わせください。

関連様式

住宅改修を給付券方式で施工した事業者が、改修工事完了後、保険給付費の支給を求めるために使用します。

償還払い方式

相談してください

 介護支援専門員(ケアマネジャー)や地域包括支援センターに相談します。主な相談事項は、次のとおりです。
 相談の際、介護保険の被保険者証及び負担割合証を提示してください。また、ケアプラン作成を依頼しているケアマネジャーを交えて相談することをお勧めします。

  • 実施する住宅改修の内容
  • 住宅改修の金額
  • 着工予定日
  • 施工事業者
  • 改修予定個所の写真撮影

荒川区介護保険課へ申請します

 申請に必要な書類は、次のとおりです。申請は、区役所介護保険課で受け付けます。申請の際には、必ず印鑑をご持参ください。

  • 住宅改修費支給申請書 ※注釈1
  • 見積書 ※注釈1
  • 住宅改修が必要な理由書 ※注釈2
  • 住宅所有者の承諾書(被保険者と所有者が異なる場合のみ)
  • 改修前の日付入りの写真
  • 図面

 ※注釈1 見積書には、事業者の記名、押印が必要です。
 ※注釈2 住宅改修が必要な理由書は、ケアプラン作成を依頼しているケアマネジャーに書いてもらいます。

決定通知書を送付します

 受け付けた申請書などの内容等を区が確認し、決定通知書を発行します。

工事を開始します

 改修が完了したら、費用の全額事業者へ支払い、領収書を受け取ります。
 ※注釈 工事内容に変更があった場合は、住宅改修変更届出書が必要です。

区に改修後の申請をします

 必要書類を荒川区介護保険課へ提出してください。

  • 改修後の写真
  • 工事内訳書
  • 領収書

指定された口座に振り込まれます

関連様式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

介護保険課
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号
電話:03-3802-3111(代表)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る