このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

結核を診断した時には(医療機関向け)

更新日:2019年12月16日

結核と診断したら

医師は、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下「感染症法」と略します。)第12条の規定に基づき、結核と診断したときは、直ちに最寄りの保健所へ届け出る義務があります。届出にあたっては、東京都福祉保健局の「結核発生届出リーフレット」をご覧ください。

また、結核患者に対する医療費の公費助成制度がありますので、速やかに結核患者が手続きができるように必要な援助を行ってください。

※注釈 ウシの結核菌であるBCGによるものは対象外です。

結核の治療を始める時には

結核患者やその家族からの申請により、医療費の一部又は全部を公費で負担します(感染症法第37条、第37条の2)。この申請については、主治医による検査結果等の記入が必要となります。
申請先は、結核患者の居住地の保健所です。荒川区に居住地のある結核患者は、荒川区保健所が提出先となります。

入院のとき

外来のとき

結核患者が入院(退院)した時

医療機関の管理者は、結核患者が入院したとき、又は入院している結核患者が退院したときには、7日以内には最寄りの保健所に届け出なければなりません(感染症法第53条の11)。

関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

保健予防課感染症予防係
〒116-8502
荒川区荒川二丁目11番1号
電話:03-3802-3111(内線:430)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

感染症情報・対策

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る