このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

東尾久浄化センター隣接敷地のダイオキシン類の深度方向調査の結果及び東尾久浄化センター建設用地内のダイオキシン類・重金属等の土壌調査の結果について

更新日:2013年9月11日

 東京都環境局は、東尾久浄化センター隣接敷地(都立尾久の原公園及び区立東尾久運動場多目的広場)で表層土壌のダイオキシン類濃度が環境基準値を超過した区画(平成25年4月4日発表済み)において、深度方向の土壌調査を実施してきました。
 また、東京都下水道局は、東尾久浄化センター建設用地内の土壌でダイオキシン類及び重金属等の濃度が環境基準値を超過したことを受け、当該用地内において、事業の進捗に合わせ、土壌調査等を実施しています。
 このたび、これらの敷地で行われた深度方向の土壌調査結果が発表されましたので、お知らせします。
 なお、東尾久浄化センター隣接敷地の環境基準を超過した区画については引き続き飛散防止措置が取られていますので、東京都によって安全が確認されています。
 また、下水道局によれば、東尾久浄化センター建設用地では、掘削された土壌について、関係法令等に基づいて適切に処理しながら建設作業が継続されています。

1 東尾久浄化センター隣接敷地(都立尾久の原公園及び区立東尾久運動場多目的広場)のダイオキシン類の深度方向調査の結果について

1 ダイオキシン類の深度方向調査の結果について

 東尾久浄化センター隣接敷地のうち、表層土壌のダイオキシン類濃度が環境基準値を超過した11区画において、今後の対策内容を検討するためにダイオキシン類の深度方向調査を実施し、77検体を採取しました。

 調査実施日:平成25年6月25日から平成25年6月26日まで
 分析の結果、下表のとおり18検体で環境基準値を超過しました。

 
調査対象地 総検体数 基準超過
検体数
最高濃度
(pg-TEQ/g)
最大値の深度(m) 環境基準値
(pg-TEQ/g)
都立尾久の原公園 56 16 440,000 GL-2.0m 1,000以下
東尾久運動場(多目的広場) 21 2

※pg(ピコグラム) 一兆分の1グラム
※TEQ ダイオキシン類の量を、最も毒性の強い2,3,7,8−四塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシンの量に換算した値
※なお、詳細な調査結果については、東京都ホームページをご参照ください。

2 現況について

 表層土壌が環境基準値を超過した区画については、施設管理者等による当面の措置(立入りの制限及び土壌の飛散防止措置)を継続しています。
 また、その他の区画については、表層土壌が環境基準値を満たしていることから、安全が確認されています。

3 今後の対応について

 東京都は、調査結果を踏まえダイオキシン類対策特別措置法に基づき、対策地域の指定、対策計画の策定及び対策計画に基づいた土壌汚染対策を実施します。また、大気中のダイオキシン類の状況を監視するため、隣地において大気中のダイオキシン類濃度の調査を継続して実施します。
 なお、大気環境調査の結果は、以下の環境局HPで随時公表されます。

2 東尾久浄化センター建設用地内のダイオキシン類・重金属等の土壌調査の結果について

1 ダイオキシン類の調査結果   

(1)土壌試料
 (ア)調査内容
  東尾久浄化センター建設用地内の掘削予定箇所において、ボーリングにより試料採取を行い、ダイオキシン類の深度方向土壌調査を実施しました。
  調査対象物質:ダイオキシン類
  試料採取日:平成25年5月27日から平成25年6月18日まで
  調査深度:GL±0mからGL−8.0m
  ボーリング調査:120箇所
  検体数:449検体

 (イ)調査結果
  下表のとおり、ダイオキシン類の環境基準値の超過が確認されました。

 
総検体数 基準値超過
検体数
調査結果(最大値)
(pg-TEQ/g)
最大値の深度(m) 濃度範囲
及び検体数
(pg-TEQ/g)
環境基準値
(pg-TEQ/g)
449 70 1,100,000 GL-2.0m 1,000超〜
3,000未満
35 1,000以下
3,000以上〜
10,000未満
23
10,000以上 12

※pg(ピコグラム) 一兆分の1グラム
※TEQ ダイオキシン類の量を、最も毒性の強い2,3,7,8−四塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシンの量に換算した値
※なお、詳細な調査結果については、東京都ホームページをご参照ください。

(2) 大気試料
 東尾久浄化センター建設用地内の4箇所において、ダイオキシン類大気調査を実施しました。分析の結果、下表のとおりすべての箇所で環境基準に適合していました。
 試料採取日:平成25年7月3日から10日まで

 
試料採取地点 採取
箇所数
基準超過
箇所数
調査結果
(最大値)
(pg-TEQ/ m3)
環境基準値
(pg-TEQ/ m3)
東尾久浄化センター
建設用地内
4 0 0.033 0.6以下

※詳細な調査結果については、東京都ホームページをご覧ください。

2 重金属等の深度方向詳細調査結果

(ア) 調査内容
 東尾久浄化センター建設用地内の掘削予定箇所において、ボーリングにより深度方向の試料採取を行い、重金属等の深度方向土壌調査を実施しました。
 調査対象物質:土壌汚染対策法及び都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(環境確保条例)の対象物質全26物質
 試料採取日:平成25年5月31日から平成25年7月6日まで
 調査深度:GL±0mからGL−42.0m
 ボーリング調査:151箇所
 検体数:2,687検体

 
調査項目 調査箇所数 分析内容
揮発性有機化合物(11 物質) 151 土壌ガス濃度
重金属等(9 物質) 151 土壌溶出量及び土壌含有量
農薬等(6 物質) 151 土壌溶出量

※詳細な調査結果については、東京都ホームページをご覧ください。

(イ) 調査結果概要
 下表のとおり、揮発性有機化合物のテトラクロロエチレン、四塩化炭素、1,2ジクロロエタン、ベンゼン及び重金属等のシアン化合物、鉛、砒素、水銀、ふっ素について基準値の超過が確認されました。

 
検出項目 基準値超過検体数 濃度(最大値) 最大値の深度 濃度範囲 土壌溶出量基準及び土壌含有量基準
テトラクロロエチレン 2 溶出量 0.610 mg/L GL -2.0m 0.001未満〜0.610 0.01 mg/L以下
四塩化炭素 5 溶出量 0.0140 mg/L GL -1.0m 0.0002未満〜0.0140 0.002 mg/L以下
1,2ジクロロエタン 2 溶出量 0.0059 mg/L GL -6.0m 0.0004未満〜0.0059 0.004 mg/L以下
ベンゼン 22 溶出量 0.068 mg/L GL -10.0m 0.001未満〜0.068 0.01 mg/L以下
シアン化合物 0 含有量 基準値以下 - 5未満 50 mg/kg以下
5 溶出量 0.3 mg/L GL -2.0m 0.1〜0.3 不検出
51 含有量 11,000 mg/kg GL -1.0m 5未満〜11,000 150 mg/kg以下
22 溶出量 0.110 mg/L GL -3.0m 0.005未満〜0.110 0.01 mg/L以下
砒素 0 含有量 基準値以下 - 5未満〜26 150mg/kg以下
990 溶出量 0.290 mg/L GL -3.0m 0.002未満〜0.290 0.01 mg/L以下
水銀及びその化合物 3 含有量 76 mg/kg GL -5.0m 0.02未満〜76 15 mg/kg以下
77 溶出量 0.0610 mg/L GL -8.0m 0.0005未満〜0.0610 0.0005 mg/L以下
ふっ素 0 含有量 基準値以下 - 100未満〜780 4000mg/kg以下
270 溶出量 3.0 mg/L GL-5.0m 0.1未満〜3.0 0.8 mg/L以下

3 今後の対応について

 下水道局は、基準超過が確認された範囲について、引き続き、飛散防止対策を継続するとともに、その効果を確認するためダイオキシン類大気調査についても実施します。        
 また、事業の進捗に合わせ、掘削予定箇所はボーリングを追加して深度方向の試料採取を行い、ダイオキシン類及び重金属等の土壌調査を実施し、調査結果については適宜公表されます。

東京都ホームページの情報

お問い合わせ

【東尾久浄化センター隣接敷地のダイオキシン類の深度方向調査の結果について】
東京都環境局環境改善部化学物質対策課
電話:03-5388-3473

【東尾久浄化センター建設用地内のダイオキシン類及び重金属等の土壌調査の結果について】
東京都下水道局建設部工務課
電話:03-5320-6668

【このホームページに関すること】
荒川区環境課環境保全係
荒川区荒川一丁目53番20号 あらかわエコセンター
電話:03-3802-3111(内線485)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る