このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

たんぽぽセンター講演会を開催します

更新日:2017年10月26日

理解と支援の充実に向けて たんぽぽセンター講演会を開催します。

開催の概要

日時

平成29年12月8日(金曜)
午前の部 午前10時30分から午後0時30分(開場 10時)
午後の部 午後2時から午後4時
※注釈 ご参加は、午前の部・午後の部のどちらか一方でも構いません。

会場

アクロスあらかわ ホール

費用

無料

対象

発達障がい・高次脳機能障がいに関心のある方々及びその関係者

定員

各150名(申込み順)
定員になり次第、受付は終了させていただきます。

お申込み・お問合わせ先

荒川たんぽぽセンター
電話:03-3891-6825
ファクス:03-3807-8483
メールアドレス:tanpopo@city.arakawa.tokyo.jp

午前の部

タイトル

発達障がい講演会「発達障がい児の子育てに求められるチカラ、接し方・伝えるチカラをアップしよう。」

講演内容

フリーアナウンサーであり、発達障がいの支援団体代表を務め、 ご自身も自閉症児の親の立場でいらっしゃいます。 また「自閉症スペクトラム支援士」の資格をお持ちで、日本各地で講演活動をされています。
今回は発達障がいについて、また発達障がい児への接し方のヒント、家族に求められるチカラについて、わかりやすく楽しく伝えていただきます。

講師

国沢 真弓氏 (一般社団法人発達障がい児ファミリーサポートMarble代表理事)

フリーアナウンサー。NHK「きょうの料理」の司会を10年、他ラジオ・テレビ、様々な番組を担当。第2子が「自閉症」と診断されたのを機に、三鷹市に「発達障がい児親の会」を発足、2013年には法人「Marble」を設立、代表理事となる。「自閉症スペクトラム支援士」の資格を持ち、発達障がいの専門家、家族の声の伝え手として、全国で講演している。

午後の部

タイトル

高次脳機能障がい講演会 「見えない、分かりづらい、高次脳機能障がいの理解と支援の第一歩。」

講演内容

 ルポライターであり高次脳機能障がい当事者である鈴木大介さんと、高次脳機能障がい者の就労支援に携わっている作業療法士の峯尾舞さんに、対談形式でお話いただきます。鈴木さんには、高次脳機能障がいになって理解したこと、高次脳機能障がいを取り巻く状況等、語っていただきます。

講師

鈴木 大介氏(ルポライター)

 若者の貧困や犯罪をターゲットにした取材記者として『最貧困女子』(幻冬舎)など著書多数。2015年に脳梗塞を発症し、高次脳機能障がい当事者としての自分自身を取材した闘病記『脳が壊れた』(新潮社)が話題に。

峯尾 舞氏(作業療法士)

 平成17年4月 医療法人社団KNI 北原国際病院(旧:北原脳神経外科病院)リハビリテーション科 作業療法室入職。平成18年2月から急性期における作業療法を中心に、就労支援業務やボランティア関連業務を兼務、平成22年12月リハビリテーション科就労支援室の開設に伴い就労支援室へ異動、同時に有限会社における就労支援にも従事し、現在に至る。

お問い合わせ

荒川たんぽぽセンター(福祉部障害者福祉課心身障害者福祉センター)
東京都荒川区荒川1-5-20
電話(3891)6825 ファクス (3807)8483

本文ここまで

サブナビゲーションここから

全イベント

イベント情報一覧へ

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る