このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

荒川区青少年委員

更新日:2018年9月26日

「青少年委員」とは、と思われる方が多いと思います。
このページは、その「青少年委員」の職務や役割のご説明と、具体的にどのような活動をしているのかを知っていただくため、荒川区青少年委員連絡会が立ち上げているホームページへのリンク設定をしているページです。

職務

「青少年委員」とは、荒川区が青少年教育振興のために委嘱した非常勤職員です。東京都全域(一部市区を除く)にあるこの制度は、60年以上の歴史をもっていますが、社会状況の変化とともにその性格や役割に変化をみせています。「荒川区青少年委員設置要綱」に、つぎの職務が掲げられています。

  1. 青少年の余暇指導に関すること。
  2. 青少年の団体の育成に関すること。
  3. 青少年指導者に対する援助に関すること。
  4. 官公署、学校及び青少年関係団体相互の連絡に関すること。
  5. 校庭開放に関すること。
  6. その他青少年教育の振興に関すること。

青少年委員の職務は、「区民と区役所をつなぐパイプ役として、委員個人がまたは委員がまとまり、青少年(団体)の活動を推進すること」です。
青少年委員の身分は、地方公務員法に定める特別職(非常勤職員)です。

役割

区内の各地域で、次のような役割を持ち、職務達成のために幅広い委員活動を進めています。

育成

  1. 子ども会の育成、未組織地域での子ども会づくり
  2. 青少年サークルの育成
  3. 青少年を対象とした指導者の育成

相談

  1. 青少年団体の運営や公共施設の利用方法についてのアドバイス
  2. 青少年を対象にした行事についての相談
  3. 区民と行政のパイプ役

指導・助言

  1. 地域団体、荒川区主催の青少年対象事業に参加する子どもたちへの指導
  2. 地域の青少年を対象とした指導者に対する助言

交流促進

  1. 地域の青少年同士の交流促進、青少年団体の交流促進
  2. 委員として得た情報の伝達、広報紙の配布(青少年委員だより)

荒川区主催事業の推進

校庭利用、チャレンジ共和国、成人の日のつどい事業など。

自主事業の開催

青少年の育成に努めるため、青少年委員がブロック(地域)ごと、部会ごとなどに協力して、青少年や異年齢向け事業の開催などを行う。

委員数

39名(定数:40名)

連絡組織

荒川区青少年委員連絡会

青少年委員が自主的に組織(荒川区青少年委員連絡会)をつくり、年度ごとの重点目標、研修計画、活動計画を立てて、機能的に活動を進めます。

関連情報

荒川区青少年委員連絡会が立ち上げているホームページです。
活動の紹介や、青少年だよりの閲覧、連絡会組織の詳細などの内容が掲載され、荒川区青少年委員がどのような活動かを知ることができます。

お問い合わせ

生涯学習課 生涯学習振興係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎3階)
電話:03-3802-3111(内線:3351、3352)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る