このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

荒川コミュニティカレッジ受講生のコミカレライフ「荒川区には宝物がいっぱい」

更新日:2016年3月23日

5期 川嶋 信さん

荒川コミュニティカレッジを知るための冊子、『コミカレ!ガイドブック』が完成しました。コミカレで何が学べるのか、どんな仲間がいるのか、受講生・修了生の声をご紹介します。


Qコミカレへの入学動機は
 それまで金融業界で30年以上働いて定年退職を迎え、何かやろうかな、と思っていた時コミカレを知りました。

Qでは川嶋さんはコミカレ入学後、三河島菜を復活させる活動を始めましたが、三河島菜との出会いは
 私の生家は駄菓子屋でした。その店に毎日牛乳を飲みに来るおばあさんが居て、三河島菜というおいしい菜があって、荒川の土が三河島菜作りに適していたというような話を聞いたことがありました。それが最初の出会いです。コミカレ入学後、学園祭で4期生の方から三河島菜の種を貰いました。

Qその三河島菜の種は、その後どうされましたか
 現在、知り合いの葛飾区水元の農家さんにお願いして、栽培してもらっています。
三河島菜は「江戸野菜」なんです。私には江戸=都内で収穫してこその江戸野菜だという思いがありました。

Q三河島菜を広める活動の今後の展開は
 今回収穫した三河島菜を近所の飲食店に配ってみたらとても喜ばれました。今回は三河島菜でしたが、汐入大根も普及させて江戸野菜を区内で流通させたいです。これまでは全て好意で、土地の無償提供や、世話をしてもらっています。しかし、今後も継続していくためには、仕組み作りが必要だと思っています。

Q最後に地域の皆さんにメッセージをお願いします
 学園祭での4期生との出会いから三河島菜の活動が始まりました。1+1は2ではなく、3にも4にもなるのだということを実感しました。一人ではこんなことはできなかったと思います。
 荒川区には宝物がいっぱいあるんです。そんな宝物を発掘する楽しさを伝えたいです。
 よく、「仲間づくり」という言葉を聞きます。目標を一つ決めてそれに向かって一緒に頑張れる仲間づくりだったら、より素晴らしい仲間となれるんじゃないでしょうか。
 目標を達成して仲間と祝杯を挙げる「飲み会」はまた格別だと思います。コミカレはそんな仲間が出来るところです。

コミカレガイドブック三河島菜写真
三河島菜収穫祭にて。

お問い合わせ

生涯学習課 地域学習支援係
〒116-0002
荒川区荒川一丁目1番1号サンパール荒川6階
電話:03-5615-4884
ファクス:03-5615-4885

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る